歯周病治療。四日市のインプラント、入れ歯なら四日市山城町のみらい歯科(歯医者,歯科医院)インプラントの医療費控除情報あり|インプラント以外にも義歯・入れ歯、審美歯科、一般歯科、歯周病治療、ホワイトニング、小児、矯正等の治療を行っています。

歯周病治療

成人の70%が歯周病?

(平成11年厚生労働省歯科疾患実態調査概要より推定)
歯周病は読んで字のごとく「歯の周りの病気」です。
歯を支える歯肉や歯槽骨の組織をじわじわと破壊する歯周病は「静かなる病気」といわれるほど気がつきにくい病気です。気がついた時には意外に進行しているケースが多く、成人の歯の抜ける原因として歯周病によるものが増えています。
 
当院では歯周病治療は保険適用です。

無料でご相談を受付ておりますので、お気軽にご相談下さい。

成人の70%が歯周病?

歯周病は感染症?

歯周病は感染症?

口の中は細菌がいっぱいです。 歯磨きが正しく行われず、食べカスが残っていると細菌はこれをエサに増殖しプラークと呼ばれる菌塊をつくります。このプラークが歯肉や歯を支える歯槽骨、セメント質、歯根膜などに炎症を起こします。この細菌因子に喫煙などの環境因子、病気(糖尿病など)、噛み合わせなどがからみあって悪化します。

歯周病は感染症?

知らないうちに歯周病は進んでいます

知らないうちに歯周病は進んでいます

初期の段階であれば歯磨きでプラークを取り除き、歯科医師や歯科衛生士に歯石を除去してもらうことで治っていきます。しかし放置するとポケットはますます深くなり、歯を支える歯槽骨が溶け始め歯周病となります。炎症が歯槽骨に達した段階でも痛みを感じないのがほとんどです。気がつくと歯槽骨の破壊が進んで歯がグラグラということもあります。

歯周病の治療はどのように行われるの?

早期発見・早期治療が決め手!
まず、綿密な診察を行って病気の実態を調べ、原因を明確にした後、治療に移ります。治療の内容は症状や進行の程度により決められますが、通常次のような治療が行われます。

歯周病の治療はどのように行われるの?

歯周病は全身に悪影響を及ぼす怖い病気

歯周病は全身に悪影響を及ぼす怖い病気

歯周病は放置すると大変!
最近になってプラークの病原性細菌は口の中で悪さを働くばかりでなく、増えてくると唾液や血液の中に入り込んで体のあちこちに飛び火し、全身に深刻な影響を及ぼしかねないことがわかってきました。高齢者に多い嚥下性肺炎、敗血症、心内膜炎、早産、低体重児出産などとの関連性が指摘されています。 

歯周病の治療が終わった後は?

歯周病の治療が終わった後は?

まずご相談ください。
再発の防止や進行の予防には生活習慣の改善が重要です。
歯科医師、歯科衛生士から受けた指導や注意を守って再発を防ぎましょう。

特にブラッシングは重要で効果的に行っていくと、かなり重症の歯周病でも改善され溶けていた歯槽骨や歯根膜が次第に治ってきて、グラグラだった歯の揺れが少なくなり噛み合わせも整ってきます。重度の歯周病の完治は困難です。お早めにご相談下さい。

歯周病が薬で治る

歯周病が薬で治る

歯周病治療といえば昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除がどの歯科医院でもされている基本的な治療です。しかし、この基本的治療をしても、歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症、腫れや出血、口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。

ところが、簡単に薬で治す方法がみつかったのです。

原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。

これが最新の治療法「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。

歯周内科治療の治療方法

この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

位相差顕微鏡での菌の確認
細菌の除去薬剤の内服
カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
除菌後の歯石とり

特に顕微鏡での確認は、非常に大きなポイントです。位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認しなくてはなりません。歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。

歯周治療の薬

位相差顕微鏡検査

位相差顕微鏡検査

顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。
検査では患者さんのお口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察。
顕微鏡を見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ歯周病になりやすいかどうか今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかってきます。

さらに映し出された動画像を拡大表示する機能を用いることで治療効果のよりわかりやすい説明を聞くことが可能です。
(※左図は位相差顕微鏡で確認できる菌の様子です)