インプラント治療技術。四日市のインプラント、入れ歯なら四日市山城町のみらい歯科(歯医者,歯科医院)インプラントの医療費控除情報あり|インプラント以外にも義歯・入れ歯、審美歯科、一般歯科、歯周病治療、ホワイトニング、小児、矯正等の治療を行っています。

インプラント治療技術

OAMインプラント治療の紹介

今まで、インプラントの手術をする場合は、ドリルで骨に穴を開け、そこにインプラントを埋め込むというものでしたが、ドリルなしでインプラントを埋め込む術式が確立されました。これがO.A.Mインプラントシステムです。

O.A.Mインプラントシステム

手術手順 ・0.5mmのラウンドバーで皮質骨に先行穴を開けます。
・35番のリーマーで揉みこみます。この時、指先の感覚で骨質が分かります。
・オーギュメーターの0.5mmを挿入し手技のみで左右に約30度程度回転運動させます。
・器具の径を替えて徐々にマイクロフラクチャーさせながら骨幅の拡大をします。
・0.2mmずつのサイズアップより裂開を回避します。
・必要なインプラント禍まで拡大できればフィクスチャーを埋入します。


特 徴 ・手技による回転運動ですから熱を発生しません。
・侵襲が非常に少ないので安心して手術に臨めます。
・骨幅の拡大のみならず上方へも骨が盛り上がります。
・初期固定が非常に強固に得られます。

LANDmarker 診断はパノラマからシュミレーションへ

LANDmarker 診断はパノラマからシュミレーションへ

パノラマでは診えなかった3次元的な顎骨の形態を把握し、安全性だけでなく完成度の高い診断を実現します。

かんたんDICOM編集 CTから出力されるデータをiCATに発注することなく直接ご自分のパソコンに読込んでシミュレーションができます。直感的な操作で読込み・編集作業も簡単です。

インプラント臨床医が生み出した機能が満載
インプラント臨床医が生み出した機能が満載

当院はアストラテックインプラントを使用しています。

当院はアストラテックインプラントを使用しています。

アストラテックインプラントは世界的な製薬、医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業、アストラテック社によって開発された生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。 1985年から開発に取り組み、現在その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。